田渕由美子展 ~1970’s『りぼん』おとめちっく♡メモリー~

f:id:ricohet:20210626120721j:plain

人気少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で、1970年代後半の“おとめちっく”作品ブームの中心的存在として活躍したマンガ家・田渕由美子(たぶち・ゆみこ)。白い出窓のあるおしゃれな洋室にアーリーアメリカン調のインテリア、小花模様のワンピースに白いエプロン・・・田渕の描くロマンチックな世界には少女たちの憧れがぎゅっと詰まっています。

本展は2020年にデビュー50周年を迎えた田渕の初めての展覧会です。「クロッカス咲いたら」「フランス窓便り」「あのころの風景」など『りぼん』時代の作品を中心に、初期作品から『コバルト』『YOU』他、エッセイマンガ等の近年の作品まで展示。原画・雑誌・ふろくから田渕の画業をご紹介いたします。(弥生美術館HPより)

:::

f:id:ricohet:20210627213620j:plain

Ⅰ期。くらもち姉妹から届いたお花を見てテンションが上がりました。単純。

f:id:ricohet:20210627213642j:plain

Ⅳ期。田渕先生のサインにテンション上がりました。会期中二回行ったのだけど、どちらも平日だった(かつ事前予約制)のでゆったり観られてありがたかった。しかしこんなときじゃなかったら全国から観に来たいお客さん大勢いただろうに美術館たいへんだな…。

:::

ごめんなさい‥。りぼんのおとめちっく文化を愛する者としてうかがいましたが自分はそんなに熱心な田渕由美子ファンではないです。おとめちっくオタクなのでいつのまにかりぼんに発表された田渕作品の半分以上は読んでいるのですが持ってる単行本は「夏からの手紙」1冊だけです(マイフェイバリット田渕作品の「あなたへ…」が収録されているので)。

原画はもちろん麗しくて感激したのですがリアル世代読者の感激には遠く及びません。いちばん感動したのは、「フランス窓便り」の、陸奥A子先生が手伝った原稿だし‥。伝説が今ここに!みたいな。

f:id:ricohet:20210627224211j:plain

f:id:ricohet:20210627224236j:plain

 (ともに「フランス窓便り」第一話から)

 

f:id:ricohet:20210308142227j:plain

f:id:ricohet:20210626153916j:plain

(ともにりぼんデラックスから)

続きを読む

マロンパフェ2020

今年も気付けばあとわずか。2020年のことは2020年のうちに、ということでマロンパフェの記録。今年も無事にマロンパフェをめぐれたことに感謝しつつ行ってみよう。

:::

【タカノ】

9/29(火)池袋東武 栗のパフェ 1,760円(税込み)*1 紅茶600円

f:id:ricohet:20201228202721j:plain f:id:ricohet:20201228202744j:plain

 

栗4個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが2個ずつ)、てっぺんにプレッツェルモンブランクリーム、バニラアイス、カスタードブリュレクリーム、紅茶ジュレ、底にナッツ
::
ここ数年、タカノのマロンパフェはこんなかんじ。栗・濃い目のバニラと紅茶ジュレ。安定感・満足感はあるのだけれど、昔の‥迷走ともいえる挑戦*2が恋しく思える今日この頃。人の心は勝手なものです。

でも少しずつ進化?を重ね‥手堅くかゆいところに手が届く的な心遣いに満ちているのは素晴らしい。具体的には、グラスの底にナッツを置くやつ、何気なくナッツをくちにした瞬間に、「わたしは歯ごたえを欲していたのだ!」と感動する。憎いね‥。

余談ながらてっぺんに、常温のなにかが飾ってあったのだけど、自分は「これはきっとチョコレート♡(またはチョコ味のクッキー)」と思っていて。食べてみたらチョコ味皆無のプレッツェルだったのでがっかりしました。自分がチョコを好きだから、チョコ味を期待したのにチョコじゃなかったときに裏切りを感じるのでしょうか。でも自分のなかのペース配分が狂って、困ってしまうんです。地味ながらもここはわたしの鬼門かもしれません。幸福も鬼門も、意外なところにあるものね。

:::

10/9(金)池袋東武 洋梨と栗のパフェ 1,485円  紅茶600円

f:id:ricohet:20201228202816j:plain f:id:ricohet:20201228202835j:plain

栗3個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが1個ずつ)、洋梨4片、生クリーム、バニラアイス、洋梨のソルベ、ミルクブリュレ?、パイ生地、ベリー系のジュレ

::

これは、池袋東武のタカノをLINEで友だち登録すると食べられる季節限定メニュー。時々メニューに載っていないものを食べている人を見かけて「?」となることあったけど、こういうことだったのね、謎がとけました。しかしなんでそんなこと(LINE友だち限定メニュー)をするのだろうという新しい疑問が。

しょっぱな、てっぺんの栗をころころテーブルの下まで落としてしまい大ショック。洋梨と栗のパフェだから、ただでさえ栗率が低かったのに‥。貴重な栗を、自らの手で。でもクヨクヨしていてもアイスが溶けるだけなのでなるだけ早く立ち直り。よくよく見ると、てっぺんの栗、ずいぶん不安定なところに配置されてない?今まで落とさずにいられたことを祝ったほうがよくない?今まで‥。よくぞご無事で‥。

洋梨と栗の組み合わせは、「秋!」というかんじでよかったです。栗だけだと甘すぎるし、洋梨だけだと爽やかすぎるもの。これ通常メニューにおけばいいのに。

:::

11/13(金)池袋東武 栗のパフェ 1,760円(税込み)コーヒー550円

 f:id:ricohet:20201228202913j:plain f:id:ricohet:20201228202935j:plain

栗4個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが2個ずつ)、パイ飾り?、丸粒ゼリー*3、パイ生地、生クリーム、モンブランクリーム、バニラアイス、ブリュレクリーム、キャラメルアイス、紅茶ジュレ

 ::

今年はタカノの栗のパフェが、秋の前半・後半でモデルチェンジしたのです。バリエーション、こう来たか‥!前半後半どちらも美味しかったのですが、わたしは後半の、キャラメルアイスと紅茶ジュレのタッグがとても好みでした(ここにてっぺんの栗をそっと添えたら完璧‥。←自分メモ)。タカノ、他の店舗のライン友だち限定メニューも気になるし、ううん憎いやつ‥。

 

 

千疋屋総本店】

10/15(木)西武池袋 国産和栗の渋皮煮パルフェ 2,970円、紅茶 330円

f:id:ricohet:20201228203004j:plain f:id:ricohet:20201228203025j:plain

 

渋皮栗4個(フルサイズ3個、ハーフサイズ2個)、ビスケット、生クリーム、マロンアイス、バニラアイス、キャラメルアイス、ナッツ、砕いたビスケット、きなこパウダー

::

今年もアイスメイン‥*4。美味しいのよ。アイスクリームは。いかにも上質なアイスって味してるし。美味しいんだけど‥。アイスメイン。テーブルに到着した時点でフチのほう溶けかけてるし。しかし去年の学びがあるわたしは、落ち着いて栗やビスケットを砕いて、グラスの底にしずめるのでした。こうすると溶けたアイスがごちそうになるの。もやもやしながらも美味しかったから、来年もこのスタイルかもしれません。ううう。

 

 【京橋千疋屋

10/26(月)東武池袋 和栗のパフェ 2,640円、紅茶440円(ミニポット・2杯分)

 f:id:ricohet:20201228203122j:plain f:id:ricohet:20201228203145j:plain

栗3.5個(フルサイズ1個、ハーフサイズ5個)、チョコレート(てっぺん)、モンブランクリーム、バニラアイス、生クリーム、パイ生地、クラッシュコーヒーゼリー

::

今年のコーヒーゼリーはけっこう主張していた気がします。このバランスは人によって違うだろうからなんともいえないけど‥。主張されると栗好きとしてはやぶさかでない気持ち。あああモヤモヤするためにマロンパフェめぐりをしているわけではないのに‥!

飲食時に外したマスクをいれる「簡易マスクケース」が用意されていて、しかもそれが「マスクメロン柄」だったのが好印象でした(他のお店ではこのサービスに出逢わなかった)。

f:id:ricohet:20201228203601j:plain

 

銀座千疋屋

11/18(水)銀座千疋屋 マロンパフェ 2,310円、紅茶(ポット)660円

f:id:ricohet:20201228203209j:plain f:id:ricohet:20201228203234j:plain

 

栗フルサイズ8~10個(フルサイズ5個&砕いた栗3~5個相当分)、バニラアイス、生クリーム、マロンアイス(今年はあまりラム酒の匂いを感じませんでした)

::

今年も、わたしのいちばんはココでした。栗の数、栗の美味しさ(ふっくらさ・しっとりさ・甘やかさ)ともにダントツ。美味しいな!と思うかたちなら、毎年同じでかまわないの。むしろうれしいくらいかも。人間って勝手なものだな~。

(しかし、こうして冷静に写真を見ると、ほんと無骨というか色彩も地味だし「映え」ないなあ。でもほんっとに美味しいので!ぜひ心に留めておいてください‥!)

 

 

【番外編:アトリエコータ】

11/19(木)神楽坂アトリエコータ 和栗と黒烏龍茶のパフェ 1,590円 コーヒー550円

f:id:ricohet:20201228203301j:plain f:id:ricohet:20201228203321j:plain

てっぺん飴細工、和栗のクリーム、黒烏龍茶ジュレ、グラニテ、生クリーム、レモンアイスクリーム、コーヒーアイスクリーム、和栗のフレーク

 ::

最近のわたしはアトリエコータにお熱。美味しさ・組み合わせの妙、そのわりにリーズナブル!言うことなしなのは、平日時間の都合がつくからでしょう。せいぜい今のうちに通わせていただきます。

アトリエコータには「モンブランカシス」*5という通年メニューがあり、これもとっても美味しいのですが、季節メニューに栗があったので今回はこちらで。メニューには、アレルギー対策もあるのか「これで構成されています」という説明があり、一瞬、ん?ネタバレしちゃうんじゃない?と思うのですが(席にサーブしてくれるときにも説明してくれる)、ネタバレどころか、「栗のパフェにレモンのアイス?その後にコーヒーアイス?‥どういうことだろ」って謎が深まるところが盛大に好きです。そして食べてみて、「おおお!こういうことか‥!」と納得&脳内スタンディングオベーション‥。この栗のパフェも、食べながら、「‥参りました‥」と頭を下げたい気持ちになりました。美味しいものにひれ伏すのって幸せだなぁ‥。

 

マロンパフェよ今年もありがとう。来年もよろしくお願いします。

*1:値段はすべて税込み

*2:和風にこだわり栗と柚子を正面から組み合わせたこと忘れません。正直あれは失敗だけど、成功するバランスもあるはずなのよ‥!

*3:この小さな丸い粒のゼリーは弾力がすっごいのですが、何味かはわかりませんでした。小さすぎてこれだけで食べることが出来ないので詳細はずっと謎と見た。ミステリー入れてきたな‥

*4:去年の記録:マロンパフェ2019 - 続・アンダースロウ

*5:f:id:ricohet:20201228203350j:plain

本棚から。5/28~5/31

 この日は奇跡が起きました‥。神から神へのエール‥。この「本棚から」は、緊急事態宣言下であまりたのしい気分になれないなか、暗いことばかりつぶやくのもなあ‥と、本棚見てたら意外とたのしい気分になってきた‥ 試みだったのですが、自己満足でもなんでもやってよかったです‥。

 

 

 

 

 

それにしても緊急事態宣言、ぬるっと突入してぬるっと明けたなぁ‥。 

本棚から。5/23~5/27

 :::

キセル兄のライブ配信(寝言の時間。Vol.2)を観ました。不思議な時間。形態は変わっても今の音を届けてくれるのはうれしい*1。ありがたい。

途中、兄がホーメイを披露しました。ノコギリヴァイオリンをとりいれたりするキセルだから不思議はないのだけど、おお、そう来たか。のちのMCによると、自粛期間に練習していたのだそう。おお‥そう来たのか‥。ホーメイなら気合いと練習と根性で(特に新しい道具などを用意しなくても)マスター出来そうだものな。

自分も自粛期間中にホーメイやっておけばよかった‥。謎の後悔。

 

 最後の写真のトラウマ部分、

「今のうちにどうぞお帰りなさい。もうすぐ戦争が始まります。ボクは殺されるかもしれません。そうでなければボクが人を殺すでしょう。そのどちらもあなたに見て欲しくないのです。」ルーは王様に何か、言ってあげたかったのですが、王様が悲しそうに微笑んで「さようなら」と言ったので、ルーも「さようなら」と言いました。

について補足。

:::

トランプランドは小学生のときクリスマスプレゼントとして手元にやってきたのだけれど(それは遊び倒して天寿をまっとう。今手元にあるのは大人になっての買い直し)、戦争について、被害者としてだけでなく加害者となることもある、そんな当然のことを教えてくれるものが他になかったので衝撃でした。大人が教えてくれる世界って偏っているんだな、と皮膚感覚で教えてくれたんですよね。はみだしっ子が。しかもトランプランドが。クリスマスに‥。

この後1週間ほどかけて「はみだしっ子」本編を読み終えました。何度も「この作品をこどものときに読んでいてよかった‥!」としみじみしました。いま現在、未読の大人のひとにすすめたい気持ちもあるのですが、絵柄が古いのと、大人が下地なしにあの世界に入っていけるのか、よくわからないので自分からは特にすすめないと思います。無神経な感想なら聞きたくないし。厄介なファンですみません。

 

 

 

 ギフトブックは好きだなあ。しみじみ好きだなあ。うん‥。 

*1:コレクターズの加藤さん・コータローさんが、自分たちにとって無観客ライブは有り得ない、客席の反応なしに良いライブが出来る気がしないというようなことを話していて、その発想もうれしいしありがたい。皆がそれぞれのベストを考えてくれるの心強い

本棚から。5/17~5/22

 

 

 

 ええと(弁解)。このときはタイムラインに、わたしが苦々しく思う現代の絵本作家?さんのグロテスクな新作構想がまわってきて、やめてくれ‥!といら立っておりました。はい。