マロンパフェ2021

今年は、マロンパフェ、お店のホームページでパフェ構成を確認して、パスしたお店が2つあります。てへ。ショートバージョン、いってみよう!

:::::

10/20(水)銀座千疋屋

f:id:ricohet:20211223154757j:plain

f:id:ricohet:20211223154738j:plain

和栗のパフェ 2,310円(税込)、紅茶 660円

ふっくらつやつや上等な栗・上等な香りの生クリーム・ラム酒の匂いはほとんど感じなかった気がします。バニラアイスクリーム・マロンアイスクリーム。

パスカードを2回使ったため、まさかの本命・銀座千疋屋からのマロンパフェ詣で。どうしよう。すごい美味しいけど、基準点がここになってしまう。とてもふっくらつやつやの上等の栗だけど、これは上等の栗であって、基準栗ではないのに。美味しい。けど美味しさとは、いまいちなものがあるからこそ高く輝く的な‥?うむーう。来年はどのお店にも足を運ぶべきなのか?あまりの動揺に、栗の数とか数えなかった。全店行くぞという気合いが今までのねちっこい記録につながっていたのかも。道ってムズカシイですね。

 

:::::

11/8(月)アトリエコータ

f:id:ricohet:20211223154842j:plain

f:id:ricohet:20211223154833j:plain

和栗のパフェ 1,690円 紅茶 600円:キャラメルソース、檸檬のコンフィ、レモンアイス、ほうじ茶グラニテ、タルト、マッカランアイス、和栗のフレーク、メレンゲ、フレッシュクリーム、和栗クリーム(と、メニューにありました)(てっぺんの飴飾りがぬけてますね。飴飾り、すごいんだけど美学なんだけど食べにくいから無くてもいいかなと思い始めている。でもいりませんとも言えなくて‥←実際失礼だし言わんでええ黙って飴をもしゃもしゃ食べたらええんじゃよ)

ごめんなさい、アトリエコータはフルーツパーラーじゃないから、反則かもしれません。でも、ここのマロンパフェがいちばん好きかも。まるい栗は入っていないし、栗感、薄いんですけどね。なんだろう、このワクワクするかんじ。めくるめく感!そして良心的な価格!ひとくちごとにありがとう!おめでとう!スタンディングオベーション感。基本絶賛しかないアトリエコータのパフェですが、実は以前、「想像したとおりのなんのひねりもないパフェ構成」とびっくりしたものもあります(逆にいちばんひねっていたのか‥。ああいうのが好きな人にはいいのかも)。食べ物の好みはひとそれぞれなので、ぜひ足をはこんで実際食べてみてほしいと思います。(今回わたしがパスしたお店のファンの人も、「ここがいいところなのにい」っていうのを教えてもらえたらうれしいです)

 

:::::

11/30(火)タカノフルーツパーラー

f:id:ricohet:20211223154925j:plain

f:id:ricohet:20211223154910j:plain

栗のパフェ 1,870円 コーヒー 605円

栗ごろごろ(上に4個?中にもくだいた栗が1~2個分くらい隠れてた)、生クリーム・栗クリーム、ブリュレムース?紅茶ジュレ、バニラアイス、マロンアイス、プレッツェルぽいやつ

うえに乗ってる栗がつやつや美味しかった。今年は栗のあたり年だったのかも?栗とまったりめバニラ・紅茶というのが最近のタカノの栗路線ぽいけれど、たしかに安定感あるし、落ち着く場所をみつけたのかもしれないね‥。過去の、和風ということで無理やり柚子とタッグを組まされていた栗のことを思い出し、すこし、はるばるした気持ち*1。年に一度の逢瀬なら、このままこれでいいのかも。などと思いつつ、来年はどんな姿で登場するのか、冒険をみせてほしい思いもあり。マロンパフェ詣での旅はたぶん来年も続く。

 

:::::

おまけ。自宅でつくったマロンパフェ。

f:id:ricohet:20211223154707j:plain

なかしましほさんのレシピで栗あんを作り、せっかくなのでチョコスポンジ(近所のお菓子屋さんで冷凍のやつをもらったのがあった)にはさんでフルーツサンドイッチぽくした際に、いやちょっと待てよ。これをパフェの土台(?)にしたら‥?冷蔵庫にコーヒーゼリーがあるから、こりゃパフェ作れるんじゃん?

栗が400円、生クリームが380円、ヨーグルトが140円なので約千円くらいでパフェグラス5回分くらいは出来ると見た。

栗サンドイッチ風を小さく切ったもの・バニラアイス・生クリームと水切りヨーグルトをまぜたもの・栗あん・コーヒーゼリーをパフェグラスにいれてみました。パフェグラスにいれればそこはパフェ世界。上に栗の煮たやつをのせたらけっこう完璧じゃない?
秋のさいしょにこんなものを自分で作ってしまったからお店に精力的に行く気になれなかったのかも。けっこう美味しくできたので来年もつくりたい。でもほんとにね、自宅でパフェは危険なの。たのしいから。太るから。ほんと危険なの。

*1:いや聞いて。アトリエコータのマロンパフェにレモンコンフィを添わせる手腕は見事なのよ~。タカノの柚子栗もやりかた次第ではああなったのかわたしの舌が若かったのか‥。こうなるとまた食べてみたい気すらするから不思議なものだわ‥

田渕由美子展 ~1970’s『りぼん』おとめちっく♡メモリー~

f:id:ricohet:20210626120721j:plain

人気少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で、1970年代後半の“おとめちっく”作品ブームの中心的存在として活躍したマンガ家・田渕由美子(たぶち・ゆみこ)。白い出窓のあるおしゃれな洋室にアーリーアメリカン調のインテリア、小花模様のワンピースに白いエプロン・・・田渕の描くロマンチックな世界には少女たちの憧れがぎゅっと詰まっています。

本展は2020年にデビュー50周年を迎えた田渕の初めての展覧会です。「クロッカス咲いたら」「フランス窓便り」「あのころの風景」など『りぼん』時代の作品を中心に、初期作品から『コバルト』『YOU』他、エッセイマンガ等の近年の作品まで展示。原画・雑誌・ふろくから田渕の画業をご紹介いたします。(弥生美術館HPより)

:::

f:id:ricohet:20210627213620j:plain

Ⅰ期。くらもち姉妹から届いたお花を見てテンションが上がりました。単純。

f:id:ricohet:20210627213642j:plain

Ⅳ期。田渕先生のサインにテンション上がりました。会期中二回行ったのだけど、どちらも平日だった(かつ事前予約制)のでゆったり観られてありがたかった。しかしこんなときじゃなかったら全国から観に来たいお客さん大勢いただろうに美術館たいへんだな…。

:::

ごめんなさい‥。りぼんのおとめちっく文化を愛する者としてうかがいましたが自分はそんなに熱心な田渕由美子ファンではないです。おとめちっくオタクなのでいつのまにかりぼんに発表された田渕作品の半分以上は読んでいるのですが持ってる単行本は「夏からの手紙」1冊だけです(マイフェイバリット田渕作品の「あなたへ…」が収録されているので)。

原画はもちろん麗しくて感激したのですがリアル世代読者の感激には遠く及びません。いちばん感動したのは、「フランス窓便り」の、陸奥A子先生が手伝った原稿だし‥。伝説が今ここに!みたいな。

f:id:ricohet:20210627224211j:plain

f:id:ricohet:20210627224236j:plain

 (ともに「フランス窓便り」第一話から)

 

f:id:ricohet:20210308142227j:plain

f:id:ricohet:20210626153916j:plain

(ともにりぼんデラックスから)

続きを読む

マロンパフェ2020

今年も気付けばあとわずか。2020年のことは2020年のうちに、ということでマロンパフェの記録。今年も無事にマロンパフェをめぐれたことに感謝しつつ行ってみよう。

:::

【タカノ】

9/29(火)池袋東武 栗のパフェ 1,760円(税込み)*1 紅茶600円

f:id:ricohet:20201228202721j:plain f:id:ricohet:20201228202744j:plain

 

栗4個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが2個ずつ)、てっぺんにプレッツェルモンブランクリーム、バニラアイス、カスタードブリュレクリーム、紅茶ジュレ、底にナッツ
::
ここ数年、タカノのマロンパフェはこんなかんじ。栗・濃い目のバニラと紅茶ジュレ。安定感・満足感はあるのだけれど、昔の‥迷走ともいえる挑戦*2が恋しく思える今日この頃。人の心は勝手なものです。

でも少しずつ進化?を重ね‥手堅くかゆいところに手が届く的な心遣いに満ちているのは素晴らしい。具体的には、グラスの底にナッツを置くやつ、何気なくナッツをくちにした瞬間に、「わたしは歯ごたえを欲していたのだ!」と感動する。憎いね‥。

余談ながらてっぺんに、常温のなにかが飾ってあったのだけど、自分は「これはきっとチョコレート♡(またはチョコ味のクッキー)」と思っていて。食べてみたらチョコ味皆無のプレッツェルだったのでがっかりしました。自分がチョコを好きだから、チョコ味を期待したのにチョコじゃなかったときに裏切りを感じるのでしょうか。でも自分のなかのペース配分が狂って、困ってしまうんです。地味ながらもここはわたしの鬼門かもしれません。幸福も鬼門も、意外なところにあるものね。

:::

10/9(金)池袋東武 洋梨と栗のパフェ 1,485円  紅茶600円

f:id:ricohet:20201228202816j:plain f:id:ricohet:20201228202835j:plain

栗3個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが1個ずつ)、洋梨4片、生クリーム、バニラアイス、洋梨のソルベ、ミルクブリュレ?、パイ生地、ベリー系のジュレ

::

これは、池袋東武のタカノをLINEで友だち登録すると食べられる季節限定メニュー。時々メニューに載っていないものを食べている人を見かけて「?」となることあったけど、こういうことだったのね、謎がとけました。しかしなんでそんなこと(LINE友だち限定メニュー)をするのだろうという新しい疑問が。

しょっぱな、てっぺんの栗をころころテーブルの下まで落としてしまい大ショック。洋梨と栗のパフェだから、ただでさえ栗率が低かったのに‥。貴重な栗を、自らの手で。でもクヨクヨしていてもアイスが溶けるだけなのでなるだけ早く立ち直り。よくよく見ると、てっぺんの栗、ずいぶん不安定なところに配置されてない?今まで落とさずにいられたことを祝ったほうがよくない?今まで‥。よくぞご無事で‥。

洋梨と栗の組み合わせは、「秋!」というかんじでよかったです。栗だけだと甘すぎるし、洋梨だけだと爽やかすぎるもの。これ通常メニューにおけばいいのに。

:::

11/13(金)池袋東武 栗のパフェ 1,760円(税込み)コーヒー550円

 f:id:ricohet:20201228202913j:plain f:id:ricohet:20201228202935j:plain

栗4個(黄色・茶色各フルサイズ1個、ハーフサイズが2個ずつ)、パイ飾り?、丸粒ゼリー*3、パイ生地、生クリーム、モンブランクリーム、バニラアイス、ブリュレクリーム、キャラメルアイス、紅茶ジュレ

 ::

今年はタカノの栗のパフェが、秋の前半・後半でモデルチェンジしたのです。バリエーション、こう来たか‥!前半後半どちらも美味しかったのですが、わたしは後半の、キャラメルアイスと紅茶ジュレのタッグがとても好みでした(ここにてっぺんの栗をそっと添えたら完璧‥。←自分メモ)。タカノ、他の店舗のライン友だち限定メニューも気になるし、ううん憎いやつ‥。

 

 

千疋屋総本店】

10/15(木)西武池袋 国産和栗の渋皮煮パルフェ 2,970円、紅茶 330円

f:id:ricohet:20201228203004j:plain f:id:ricohet:20201228203025j:plain

 

渋皮栗4個(フルサイズ3個、ハーフサイズ2個)、ビスケット、生クリーム、マロンアイス、バニラアイス、キャラメルアイス、ナッツ、砕いたビスケット、きなこパウダー

::

今年もアイスメイン‥*4。美味しいのよ。アイスクリームは。いかにも上質なアイスって味してるし。美味しいんだけど‥。アイスメイン。テーブルに到着した時点でフチのほう溶けかけてるし。しかし去年の学びがあるわたしは、落ち着いて栗やビスケットを砕いて、グラスの底にしずめるのでした。こうすると溶けたアイスがごちそうになるの。もやもやしながらも美味しかったから、来年もこのスタイルかもしれません。ううう。

 

 【京橋千疋屋

10/26(月)東武池袋 和栗のパフェ 2,640円、紅茶440円(ミニポット・2杯分)

 f:id:ricohet:20201228203122j:plain f:id:ricohet:20201228203145j:plain

栗3.5個(フルサイズ1個、ハーフサイズ5個)、チョコレート(てっぺん)、モンブランクリーム、バニラアイス、生クリーム、パイ生地、クラッシュコーヒーゼリー

::

今年のコーヒーゼリーはけっこう主張していた気がします。このバランスは人によって違うだろうからなんともいえないけど‥。主張されると栗好きとしてはやぶさかでない気持ち。あああモヤモヤするためにマロンパフェめぐりをしているわけではないのに‥!

飲食時に外したマスクをいれる「簡易マスクケース」が用意されていて、しかもそれが「マスクメロン柄」だったのが好印象でした(他のお店ではこのサービスに出逢わなかった)。

f:id:ricohet:20201228203601j:plain

 

銀座千疋屋

11/18(水)銀座千疋屋 マロンパフェ 2,310円、紅茶(ポット)660円

f:id:ricohet:20201228203209j:plain f:id:ricohet:20201228203234j:plain

 

栗フルサイズ8~10個(フルサイズ5個&砕いた栗3~5個相当分)、バニラアイス、生クリーム、マロンアイス(今年はあまりラム酒の匂いを感じませんでした)

::

今年も、わたしのいちばんはココでした。栗の数、栗の美味しさ(ふっくらさ・しっとりさ・甘やかさ)ともにダントツ。美味しいな!と思うかたちなら、毎年同じでかまわないの。むしろうれしいくらいかも。人間って勝手なものだな~。

(しかし、こうして冷静に写真を見ると、ほんと無骨というか色彩も地味だし「映え」ないなあ。でもほんっとに美味しいので!ぜひ心に留めておいてください‥!)

 

 

【番外編:アトリエコータ】

11/19(木)神楽坂アトリエコータ 和栗と黒烏龍茶のパフェ 1,590円 コーヒー550円

f:id:ricohet:20201228203301j:plain f:id:ricohet:20201228203321j:plain

てっぺん飴細工、和栗のクリーム、黒烏龍茶ジュレ、グラニテ、生クリーム、レモンアイスクリーム、コーヒーアイスクリーム、和栗のフレーク

 ::

最近のわたしはアトリエコータにお熱。美味しさ・組み合わせの妙、そのわりにリーズナブル!言うことなしなのは、平日時間の都合がつくからでしょう。せいぜい今のうちに通わせていただきます。

アトリエコータには「モンブランカシス」*5という通年メニューがあり、これもとっても美味しいのですが、季節メニューに栗があったので今回はこちらで。メニューには、アレルギー対策もあるのか「これで構成されています」という説明があり、一瞬、ん?ネタバレしちゃうんじゃない?と思うのですが(席にサーブしてくれるときにも説明してくれる)、ネタバレどころか、「栗のパフェにレモンのアイス?その後にコーヒーアイス?‥どういうことだろ」って謎が深まるところが盛大に好きです。そして食べてみて、「おおお!こういうことか‥!」と納得&脳内スタンディングオベーション‥。この栗のパフェも、食べながら、「‥参りました‥」と頭を下げたい気持ちになりました。美味しいものにひれ伏すのって幸せだなぁ‥。

 

マロンパフェよ今年もありがとう。来年もよろしくお願いします。

*1:値段はすべて税込み

*2:和風にこだわり栗と柚子を正面から組み合わせたこと忘れません。正直あれは失敗だけど、成功するバランスもあるはずなのよ‥!

*3:この小さな丸い粒のゼリーは弾力がすっごいのですが、何味かはわかりませんでした。小さすぎてこれだけで食べることが出来ないので詳細はずっと謎と見た。ミステリー入れてきたな‥

*4:去年の記録:マロンパフェ2019 - 続・アンダースロウ

*5:f:id:ricohet:20201228203350j:plain

本棚から。5/28~5/31

 この日は奇跡が起きました‥。神から神へのエール‥。この「本棚から」は、緊急事態宣言下であまりたのしい気分になれないなか、暗いことばかりつぶやくのもなあ‥と、本棚見てたら意外とたのしい気分になってきた‥ 試みだったのですが、自己満足でもなんでもやってよかったです‥。

 

 

 

 

 

それにしても緊急事態宣言、ぬるっと突入してぬるっと明けたなぁ‥。